『風雲児たち』

ホーム > 『風雲児たち』

更新日 : 2017/11/17

 『風雲児たち』というまんがをご存じですか?

 1979年から「月刊少年ワールド」(潮出版社)に連載が開始され、翌1980年から1997年まで「コミックトム」(潮出版社)に連載されたみなもと太郎先生原作の人気まんがです。2001年からはリイド社の「コミック乱」にて『風雲児たち 幕末編』が連載されています。

 

 お話は関ヶ原の戦い、江戸時代の成立から杉田玄白、平賀源内らによる蘭学の発展、ペリー来航、坂本龍馬の活躍など幕末まで江戸時代300年を通し歴史の発展に尽力した人々を描いた大河歴史ギャグまんがです。

 

 江戸時代の様々な出来事にスポットをあて描かれてきたまんがですが、特に幕末維新の所以を関ヶ原の戦いから江戸幕府の成立までの時代にさかのぼって描き、開国へのきっかけともなった外国文化【蘭学】の流入を杉田玄白、前野良沢の『解体新書』執筆、伊能忠敬の日本地図作成、シーボルトの来日などのエピソードにより、丹念に描かれている超大作です。

 歴史の勉強にもなりますが、所々にまんがやアニメ、映画やお笑いなどをパロディとしてちりばめた壮大なギャグまんがです。

 2018年NHK正月時代劇にて、三谷幸喜脚本による実写化も決定している作品で、更に注目が高まっています。

 

 「志国高知 幕末維新博」、「第4回全国漫画家大会議inまんが王国・土佐」関連企画として2018年1/13(金)から横山隆一記念まんが館にて『まんがで読む!幕末維新展』が開催されます。

 2018年3/3、4(土、日)に開催の『第4回全国漫画家大会議』には原作者のみなもと太郎先生の出演が決定し、関連イベントとしてトークショーの開催も企画されています。

 大長編まんがですが、おもしろくて読みやすいまんがです。皆さんも「第4回全国漫画家大会議」までに読破してみませんか?

 

 

第4回全国漫画家大会議開催情報

 


まんがで読む!幕末維新展
王国の情報発信中!
チェックしてね♪

LINE

FACEBOOK

▲ページのトップへ