壱の鍵  「アイラブプレッシャー」

ホーム > 壱の鍵  「アイラブプレッシャー」

更新日 : 2016/04/11
第一王子

全国の高校ペン児の諸君!!

 

まんが王国・土佐第一王子です・ぜよ!

 

今回から7回にわたって

まんが甲子園・七つの鍵と題し、

 

まんが甲子園で

最高の結果を手にするための

スッペシャル

ノウハウ

 

まんが王国・土佐ポータルサイトを見ている


君たちだけに伝授するプリンス!

 

それでは!壱の鍵!!


「アイラブプレッシャー!」の巻!


8月。真夏のまんが王国・土佐、高知!

まんが甲子園のまさに現場で


いつもはスラスラと描ける絵が描けなかったり、

いつもはササッと塗れるベタが塗れなかったり、

焦れば焦るほど考えがまとまらなかったり・・・

 

ペン児のみんなを襲う恐ろしい症状!

 

やはりまんが甲子園の現場には「魔物」が棲んでいるのか!?


いえ!その「魔物」の正体は・・・

 

「プレッシャー」


いつもと違う環境、

そして結果を必ず出したいと思う気持ち、

周囲の期待・・・


様々なものが重く大きな「塊」となって

ペン児のみんなの肩に圧し掛かる!


それが本番!まんが甲子園の現場なのだ!!


しかし!合言葉は

 

「アイラブプレッシャー!」

 

圧し掛かるプレッシャーを跳ね飛ばし、

本当の実力を出し切ること!!


それが実はなによりも

結果への近道なのだ!!


ではどうやって「プレッシャー」を克服するのか!?


その方法を伝授しよう!

それは

 

「部室でまんが甲子園作戦!」

 

本物のまんが甲子園そのものの

タイムスケジュールで作画に挑戦するのだ!

たとえば、大会初日。

事前に通知した5つの候補から1つが

第一次競技のテーマとして発表される。

競技開始のドラはその後だ!!

 

作画時間は5時間30分!!

昼食もとりながらの作画となるぞ!!

 

 

 

ストップウォッチを用意して

大きな声で秒読み開始!

 

時間が容赦なく過ぎていく

プレッシャーを感じながら

競技作品を制作してみよう!!


きっと、想像以上に疲れると思うし、

実際に使う道具で作画を行うことで

作画のペース配分や、チームの役割分担、

どこでどんなことに

つまづいたり、ひっかかったりするのか!?

いろんなことがシュミレーションできる・ぜよ!


予選応募作品の結果が発表になってから

まんが甲子園の本番までに一度だけじゃなくて

 

何度も「部室でまんが甲子園!」を実施するのだー!!


きっと数回目にはすっかり

作画ペース配分も出来るようになり、

プレッシャーにも慣れてきて、

作業に自信が持てるようになって

 

逆に「もっと緊張する環境で描きたい!」と

思うようになるはずさ!(^o^)/

 

そうなればこっちのもの!

おもわず口から「アイラブプレッシャー!」と

きっと叫んでいるはず!!


まんが甲子園の現場の空気が

気持ちよく感じるようになっているはず!


これでもう

まんが甲子園に「魔物」はいない!(^o^)/


というわけで!!

まんが甲子園・七つの鍵の壱の鍵は!


「アイラブプレッシャー」でした!!

 

弐の鍵へ続くぜプリンス♪




その他の鍵へのリンクはこちらをクリックです・ぜよ!

新着情報・お知らせ

すべて見る

王国の情報発信中!
チェックしてね♪

LINE

FACEBOOK

▲ページのトップへ