第25回まんが甲子園2日目レポート

ホーム > 第25回まんが甲子園2日目レポート

更新日 : 2016/09/28

まんが甲子園2日目(8月7日)は、敗者復活戦の一般投票・結果発表から始まり、決勝戦まで行われました。
競技後の表彰式に先だって行われたスカウトマン選抜生徒の発表では、今年も多くのペン児がスカウトされました。

敗者復活戦

今年の敗者復活戦のテーマは「18歳○○権」。前日の深夜まで敗者復活をかけて作品を描いたペン児達も
敗者復活戦の会場である『ひろめ市場』に早朝から集まりました。


ひろめ市場会場

投票の呼びかけ

各チームは審査会場を飛び出し、付近のアーケード街や、『日曜市』などを周り、投票の呼びかけを行いました。


投票回り 投票回り

一般投票

呼びかけも功を奏して、作品の前に一般の方々が続々と集まりました。各自一番気に入った作品を選んで投票です!


1 2

投票にご協力いただいた皆様、ありがとうございました!

審査員の投票

審査員の先生方も敗者復活戦すべての作品を丁寧にじっくりと見て投票を行いました。


1 2

審査結果発表

いよいよ敗者復活戦の結果発表です。敗者復活戦に参加しているチームにとって、
決勝戦進出のラストチャンスで、どの学校も神妙な面持ちで結果を待ちました。


1 2

学校名が呼ばれると、昨夜の疲れも吹っ飛んだ様子でお互いをたたえ合っていました。
審査員の先生に合格のタスキをかけてもらうと満面の笑顔になっていました。


1 2

敗者復活校のみが味わえるタクシー移動

敗者復活戦で復活した学校は、本選会場のかるぽーとに急いで移動しなくてはいけないのでタクシーで会場に向います。


1 2

決勝戦

テーマ発表

第一次競技を突破した15校と敗者復活戦を勝ち抜いた5校、
合わせて20校で行われる決勝戦のテーマが発表されました。

今年の高校生まんがチーム日本一を決定する決勝戦のテーマは「新元素発見!」各校どんな作品を描くのでしょうか。


テーマ

競技の様子

開始直後は、テーマ「新元素発見!」をどの様に表現したら勝てるか、
事前に考えたアイディアを元に構図を考えていきます。


1 2

構図が決まったら、早速作画開始です。

一気に下描きを済ませて、慎重に色塗りや文字作成等各々の作業をしていきます。


1 2

1 2

地元の高校生スタッフも懸命に選手たちの手助けをしてくれました。


1 2

競技時間はあと僅か!少しでも作品を良くするために、細部まで丁寧に仕上げていきます。


1 2

3 4

「優勝したい!」という選手の強い思いを作品に込めます!


4

決勝作品の審査

書き上げた作品は高校生スタッフが審査会場に運び込みます。

審査会場では審査員の先生方が慎重に審査を進めていきます。


1 2

スカウトマン選抜生徒発表

作品を審査している合間には、出張編集部に参加してくださった各誌のスカウトマンが
競技中の生徒の描画力、ブースの壁に描かれた落書きなどを参考にして、
今後育成していきたい生徒を選抜する「スカウトマン選抜生徒発表」が行われました。

スカウトマン選抜は個人選抜となりますので、本選参加選手全員が対象となります。

スカウトマンに選抜されるということは、漫画家を目指す選手にとって大きなチャンスになります!
漫画家を志す方は、是非このまんが甲子園に参加し、チャンスをものにしてください。


1 2

審査結果発表

いよいよ決勝戦の結果発表です。

各チームが知恵を絞り、一致団結して描き上げた作品の中からどの作品が選ばれるのか!?

選手の皆さんは緊張した面持ちで結果を待ちます…。


1 2

表彰式及びインタビュー

学校名が読み上げられるとチームの選手全員が壇上に上がり、喜びのインタビューを受けました。

感激のあまりに涙を流しながらインタビューに応じる選手も見られました。

 

最優秀賞

[静岡県] 静岡県立伊東高等学校城ヶ崎分校


伊東城ヶ崎分校

第2位

[愛知県] 愛知県立豊明高等学校


1

第3位

[栃木県] 宇都宮文星女子高等学校


3

その他の審査結果は下記URLからご確認ください。

受賞された皆様、本当におめでとうございます!

閉会式

2日間に渡って開催された第25回まんが甲子園も終了の時を迎えました。

高校ペン児の皆様、熱き戦いと感動をありがとうございました!


1

閉会式の最後には、参加校、審査員、主催者の全員で、まんが甲子園の発展と、まんがに対する熱意、
次の大会への参加を目指して、勢い良く拳を上げました!


2

お疲れ様でした!また来年もお会いしましょう!

王国の情報発信中!
チェックしてね♪

LINE

FACEBOOK

▲ページのトップへ