高校ペン児と、まんがを愛する人々がつくりあげる「まんが甲子園」の潜入レポート!(後編)

ホーム > 高校ペン児と、まんがを愛する人々がつくりあげる「まんが甲子園」の潜入レポート!(後編)

更新日 : 2015/08/28
全国の高校ペン児、地元高校生スタッフ、関係者が一緒になって盛り上がった交流会です。

全国の高校ペン児、地元高校生スタッフ、関係者が一緒になって盛り上がった交流会です。

全国357校から応募があり、予選を通過した30校の高校ペン児たちが高知に集結!第24回全国高等学校漫画選手権大会「まんが甲子園」が2015年8月1日、2日、高知市文化プラザ「かるぽーと」で開催されました。その様子を、まんが甲子園の競技結果だけでなく、ペン児たち、出張編集部、高校生スタッフたちへの聴取取材も交えてお届けします。

ペン児も地元スタッフも漫画が大好き

まんが甲子園の魅力は、地元高校生による大会スタッフに支えられていることです。高知県高等学校文化連盟(高文連)から、県内各高校の漫画部・同好会、美術部などに呼びかけ、場内インフォメーションやBGM係、非公式ガイドブック作成係、瓦版係など17業種に、本年は261名が参加しています。係によっては7月から準備に追われるものがあり、まさに「まんが甲子園を支えていこう」とする高校生たちの熱い想いが伝わります。


応援メッセージ

全国から次々と応援メッセージが届き、高校ペン児たちも勇気百倍!

会場入口で番屋係(交換水の補充やパレットの洗浄などで競技中のペン児をサポート)をしていた山田高校のスタッフは、「今年で3年目の参加ですが、仕事に関しては今まで先輩が面倒を見てくれていましたが、最上級生になって、自分の仕事プラス後輩の指導があり大変でした(苦笑)。同じジャンルの漫画を好きな人たちと会えて、東京や高知の高校生と友達になりました。」と話します。


高校生スタッフ

交換水の補充やパレット洗浄など、サポートに徹する地元高校生スタッフ。

会場には、地元高校ごとの「漫画専門部PRコーナー」がありますが、ここでも、終日、一般来場者や高校生との和気あいあいとしたコミュニケーションがはかられていました。

本選に参加したペン児たち、また地元の高校生スタッフたちは、「漫画を描いている」、「漫画が好き」という同じ趣味、共通項があるので、2日間という短い時間でもすっかり打ち解けて、会話が弾みはじめ、互いに刺激を受けているようです。最後の交流会での笑顔がそれを物語っていました。


高文連ブース1 高文連ブース2

どのスターか?大論争

2日目の午前10時半、第一次競技を勝ち抜いた15校と、敗者復活を果たした5校を加えた20校が決勝戦に臨みました。テーマは「スター」です。午後4時までに描きあげ、高校生のスタッフが緊張した表情で作品を審査会場まで運びます。それから約1時間、インパクト重視、笑いを誘うダシャレ、社会派、ストーリー性など、それぞれの高校が持ち味を発揮しました。後から総評をした牧野圭一審査委員長が「喧々諤々の大論争をした」というほどの接戦だったようです。

最優秀賞は初出場の弘前実業高校(青森)、第2位は京都芸術高校(京都)、第3位はみえ夢学園高校(三重)でした。また高知県勢は、中村高校が審査委員長賞に、土佐高校が高知県高等学校文化連盟会長賞を受賞しました。


最優秀賞

第24回まんが甲子園、最優秀賞に輝いた青森県立弘前実業高校の皆さん。おめでとうございます!

中村高校のリーダー北川夏希さんは、「敗者復活で戻ってきて、審査委員長賞を受賞でき、本当に嬉しいです。同じ高校生だからこそスタッフさんにもいろいろな仕事を頼めました。この2日間、すごくドキドキしてあっという間でしたが、県外のチームとも交流ができましたし、楽しめて良かったです」と、笑顔で話します。

7年間以上、まんが甲子園の司会をしている土佐かつおさんは、「競争率が10倍以上ある予選をクリアしただけでも凄いと思いますが、ここ数年2位、3位になって悔しがるように、最優秀、日本一を目指している学校がすごく多くなっていると、司会をしながら感じます。本当に紙一重ですね。」とお話してくれました。


第24回まんが甲子園結果

まんが甲子園への誇り

現在、日本各地の自治体が、まんがやアニメなどを地域おこしに活用しようと動いています。その中でも高知は24回積み上げてきたまんが甲子園の歴史があり、それを応援する審査員や出版社、協賛各社、高校生スタッフ、県内のまんが関係者、経験豊富なイベント企画会社など、「まんが王国・土佐」やまんが甲子園に誇りを感じているからこそ、皆が「仕事」を超えて、魅力あるイベントに成長させてきたことを実感する大会でした。


←「まんが甲子園」の潜入レポート!(前編)はこちら

新着情報・お知らせ

すべて見る

王国の情報発信中!
チェックしてね♪

LINE

FACEBOOK

▲ページのトップへ