しまんと漫博が開幕しました!!

ホーム > しまんと漫博が開幕しました!!

更新日 : 2015/08/06

 8月3日(月)から四万十市立中央公民館で始まった、「しまんと漫博」に行ってきました!!


た た

 

 この企画展は、四万十市制施行・合併10周年記念事業のひとつとして開催されるもので、期間中の14日間、郷土ゆかりの漫画家4人の作品原画や、単行本、関連グッズ、先に一般公募されたまんが・キャラクター作品の展示などが行われます。


た た た た た た

 

 第1展示室には安倍夜郎先生の『深夜食堂』の中でも、四万十青のりが登場するお話や、『四万十食堂』で安倍先生と共同執筆をされた左古文男先生の作品、『クロノクルセイド』『ワールドエンブリオ』などの代表作を持つ森山大輔先生の作品、『おとぎ奉り』『BTOOOM!』の井上淳哉先生らの作品原画が展示されており、時間の経つのも忘れて見入ってしまいます。また、井上先生が創作段階で描かれたノートも展示されており、作品の世界観やキャラクター設定についてより深く知ることができます。(今回の撮影には特別な許可をいただいています。一般の方の会場内の写真撮影は禁止されています。) 

 


た ち た ち ち ち

 

 一方第2展示室では、アニメ化もされた『BTOOOM!』のオープニング音楽が心地よく流れる中、先生方の単行本、外国語翻訳された本の数々、関連グッズが立体展示されており、各作品のファンにとっては堪らない空間となっていました。

 また、郷土ゆかりの漫画家、こやまゆかり先生の作品や中島こうきさんの作品も紹介されています。


ち ち た ち ち

 

 さらに、作品の中に登場する場所やお料理を、モデルとなった四万十市内の施設やお店の写真と対比させた資料も展示されています。先生方の郷土への愛着が感じられます。


ち ち ち

 会場には、四万十市のみならず大阪や徳島からも応募された力作揃いの一般公募作品も多数展示されています。これらの中から選ばれた優秀作品に対する表彰式が、8月8日(土)に同会場内で開催されます。当日は先生方も来場され、作品に対する公開アドバイスやトークショー、サイン会も行われます。

 安倍先生、井上先生、左古先生による公開トークイベント&サイン会
 日  時  平成27年8月8日(土)
 場  所  四万十市立中央公民館 2階大ホール
 タイムスケジュール
       12:00〜 サイン会用書籍の販売及びサイン会整理券配布
       13:00〜 公募作品への表彰式
              公開アドバイスとトークショー
       15:30〜 サイン会

 

 

 


た た ち

 来場者が自由に絵を描き、掲示できるスペースもあり、すでにたくさんの絵が掲示されていました。


た た

 先に行われた第24回まんが甲子園でみごと審査委員長賞に輝いた高知県立中村高等学校の漫画研究部の皆さんや韓国から交流事業で訪れた全南芸術高等学校の皆さんも会場を訪れ、寄せ書きを残しています。(高知県立中村高等学校の漫画研究部は、安倍夜郎先生が在学中に同級生と一緒に設立、井上淳哉先生、森山大輔先生も在籍されました。)

 この企画展の開催期間は8月16日(日)まで。入場無料です。お近くにお住まいの皆さん、まんが好きの皆さん、ぜひ一度会場に足をお運びください。

王国の情報発信中!
チェックしてね♪

LINE

FACEBOOK

▲ページのトップへ