まんがを探して町をうろちょろ

ホーム > まんがを探して町をうろちょろ

更新日 : 2015/07/22

 高知市中心商店街付近を、まんがに関するものを探しながら歩いてみました。


ち

毎週末、何かしらのイベントが開催される中央公園。その一角に、いつの間にか子どもたちが遊べる遊具スペースができていました。(これはお父さんお母さん大助かりですねっ)

そして、そのスペースを見守るように、アンパンマンの石像が建っていました!! 高知商工会議所青年部設立30周年の記念として寄贈されたものだそうです。

 


ち

続いて向かったのははりまや橋商店街。

ここには観光地によくある顔出しパネルが!!

「がっかり名所でごめんちゃ」のコメントは、はりまや橋が日本3大がっかり名所に選ばれているということに因んだもの。

「でもこのパネルは結構人気があって、最近はわざわざ探してきてくれる人もおるがよぉ」と地元の方がお話してくださいました。

 


はりまや橋のからくり時計の下にもアンパンマンの仲間たちの石像あり!! 誰かは行ってみてのお楽しみ。



た

続いて向かったのはJR高知駅。

「高知旅広場」の前に、アンパンマンや食パンマンやバイキンマンのベンチ。また、商店街から高知駅に向かう電車通りの両サイドにはたくさんのアンパンマンの仲間たちの石像も出現しています!!



つ

ここにもまんが風、坂本龍馬の顔出しパネルが!!

「キンコン土佐日記」の村岡マサヒロ先生の作画です。

高知観光の第1ページ目にぜひ1枚。



つ つ た

続いて追手筋(日曜日には日曜市が設置される通りです)にまわってみました。

青柳裕介先生や、はらたいら先生、やなせたかし先生のくじらをモチーフとした作品が四国電力さんが設置している地上ボックスの表面に描かれています。

すっかりと町に溶け込んでいるまんがたちを探しながらの町歩き。あなたもいかがですか?

王国の情報発信中!
チェックしてね♪

LINE

FACEBOOK

▲ページのトップへ