歴史-王国で活動するまんがグループ

ホーム > 歴史-王国で活動するまんがグループ

更新日 : 2014/01/27

王国で活動するまんがグループ

高知漫画集団

1950年代、地元高知新聞で一枚漫画(社会風刺)に健筆をふるい、その後、劇画・コミックの台頭で“開店休業”となっていたコウチ・マンガクラブを発展的解散。南国土佐の“いごっそう精神”を発揮して自由で奔放な漫画を創造していこうと1978(昭和53)年9月、高知漫画集団(会長・平山昌幸、会員21人)を結成。漫画の原点である一枚漫画を主体に似顔絵イベントへの参加など、地域に根ざした漫画文化の普及、発展に努めている。

高知漫画グループくじらの会

1979(昭和54)年5月に地元高知で発刊された奇想天外社の漫画雑誌「くじらの鼻歌」への作品投稿をきっかけとして集まり、1980(昭和55)年に結成された。「漫画と酒を愛する個性派集団」。初代会長は、漫画家(故)青柳裕介である。高知県内の子ども会や、小・中学校で“子どもまんが教室”を開催するなど漫画の裾野を広げる活動を多岐にわたって行っている。(文責・くじらの会事務局長岩神よしひろ)

新着情報・お知らせ

すべて見る

王国の情報発信中!
チェックしてね♪

LINE

FACEBOOK

▲ページのトップへ